山崎健介 KensukeYamazaki

12歳からラグビーを始め、東京都立富士高校から青山学院大学へと進学、ラグビーと共に成長する。大学時代は体育会ラグビー部に所属、社会人時代には国体にも出場。ポジションはNo8。

大学卒業後は、当時「ベンチャー企業」であった株式会社ウェザーニューズに入社。営業やマーケティングを担当しながら、契約法務にも関心をもつ。
2004年4月、法科大学院制度創設と共に『ロースクール第1期生』として、中央大学法科大学院未修者3年コースに進学。
2007年9月に新司法試験に合格し、広島での司法修習を経て、2008年12月弁護士として登録。

その後、外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所にて企業法務を経験。契約やコーポレートガバナンスに関する助言などの一般企業法務に加え、訴訟、M&A、不動産、知的財産、エンターテイメント・スポーツ法務など、会社の法務に関係する様々な案件に従事。また、2009年4月より、出身の中央大学法科大学院及び中央大学法学部にて実務講師・兼任講師として後進の指導をおこなっている。

2012年4月、ノーサイド法律事務所を設立。
独立起業後は、中小企業を中心とした企業法務に加え、個人の方を対象とした離婚/男女問題、相続/遺言/成年後見、裁判/調停、借金/債務整理、刑事事件などにも取り組み、活動の幅を広げる。

お客様と真摯に向き合い「真のチームワーク」を築くことにより、本質的な問題解決目指すことを理念として、日々、弁護士業務に従事している。

田村吉央 YoshihisaTamura

雪国&酒処の新潟県に生まれ、18歳まで長岡市で育つ。両親が税理士という家庭環境で、自らも資格を活かした仕事がしたいと考えて弁護士を志す。 新潟県立長岡高校を卒業後、早稲田大学法学部に入学する。

2005年4月、東京大学法科大学院既修者コース(2年)に進学し、2007年3月に修了。
同年9月、新司法試験に合格し、広島で司法修習を行う。このとき山﨑健介弁護士(当時は司法修習生)に出会い、意気投合。
2008年12月、第一東京弁護士会に登録。

弁護士登録後は、日本の4大法律事務所の一つである長島・大野・常松法律事務所に入所。訴訟・調停等の紛争解決を主として、労働法、独占禁止法、知的財産法、倒産法、その他クライアントを取り巻く各種法律問題や契約等に関してアドバイスを提供する。このとき、クライアントのほとんどが企業であったことから、企業そのものに興味を持ち、企業への転職を決意。

2012年1月より、ソフトバンク株式会社の法務部にて勤務を開始。新聞の一面を飾るような大型の買収案件を初めとして、数々のM&A案件及びそれに伴うファイナンス案件に従事。並行して、グループ全体のコンプライアンス、訴訟案件、開示関連、知的財産法等の分野の案件に関与しながら、事業を行うグループ会社の法務面もサポートする等、幅広い業務を担当する。また、同社に在職中、アメリカのテキサス州ダラスにてThe Academy for American and International Lawに参加。メキシコ人弁護士のDavidとルームシェアをしながら、世界各国から集まった法律家と交流を深めつつ、アメリカ法及び国際法を学ぶ。

2014年1月、山﨑健介弁護士が設立したノーサイド法律事務所の理念に共感し、共同代表として加入。豊富な企業法務の経験を活かし、企業に関する案件を中心としながらも、個人を対象とする法律問題や刑事事件等にも活動領域を拡大する。

吉伊和則 KazunoriYoshii

茨城県日立市に生まれ、地元の茨城県立日立第一高校を卒業。スペシャリストに憧れて弁護士を志し、早稲田大学法学部に入学する。 2005年4月、中央大学法科大学院既修者コース(2年)に進学し、山﨑健介弁護士(当時,法科大学院生)に出会う。2007年3月に同大学院を修了し、同年9月新司法試験に合格。広島で司法修習を行い、このとき田村吉央弁護士(当時、司法修習生)と出会う。 2008年12月、第一東京弁護士会に登録。

弁護士登録後は、都内の法律事務所に入所。フランチャイズ契約に関する訴訟、相続、破産申立て、破産管財人業務、個人再生申立て、中小企業の顧問業務などを中心に活動を行う。また、裁判員裁判を経験(殺人未遂事件で執行猶予判決を獲得)するなど刑事事件にも力をいれており、少年事件についても何件も手がけている。

2015年2月、山﨑健介弁護士と田村吉央弁護士の経営するノーサイド法律事務所の理念に共感し、加入。これまでの自身の幅広い業務の経験を活かす一方、企業法務にも強みのあるノーサイド法律事務所において業務領域の拡大を図る。 また、2015年3月から都内の企業(東証一部上場)に週のうち数日間出向し、企業内部での法律業務も行っている。

無類のビール好きである。 また、三児の父であって、日本一の子煩悩弁護士であると自負している。

基本的には温厚で冷静な性格であるが、理不尽なことは絶対に許さないという意外と熱い側面も有している。