吉伊 和則 Kazunori Yoshii

茨城県日立市に生まれ、地元の茨城県立日立第一高校を卒業。スペシャリストに憧れて弁護士を志し、早稲田大学法学部に入学する。 2005年4月、中央大学法科大学院既修者コース(2年)に進学し、山﨑健介弁護士(当時,法科大学院生)に出会う。2007年3月に同大学院を修了し、同年9月新司法試験に合格。広島で司法修習を行い、このとき田村吉央弁護士(当時、司法修習生)と出会う。 2008年12月、第一東京弁護士会に登録。

弁護士登録後は、都内の法律事務所に入所。フランチャイズ契約に関する訴訟、相続、破産申立て、破産管財人業務、個人再生申立て、中小企業の顧問業務などを中心に活動を行う。また、裁判員裁判を経験(殺人未遂事件で執行猶予判決を獲得)するなど刑事事件にも力をいれており、少年事件についても何件も手がけている。

2015年2月、山﨑健介弁護士と田村吉央弁護士の経営するノーサイド法律事務所の理念に共感し、加入。これまでの自身の幅広い業務の経験を活かす一方、企業法務にも強みのあるノーサイド法律事務所において業務領域の拡大を図る。 また、2015年3月から都内の企業(東証一部上場)に週のうち数日間出向し、企業内部での法律業務も行っている。

無類のビール好きである。 また、三児の父であって、日本一の子煩悩弁護士であると自負している。