山田 龍平 Ryohei Yamada

広島県広島市に生まれ、18歳まで同市で育つ。広島市立基町高等学校を卒業後、中央大学法学部法律学科に入学。同大学を卒業後、2011年4月、中央大学法科大学院既修者コース(2年)に進学し、山﨑健介弁護士、吉伊和則弁護士の後輩となる。

2013年9月、司法試験に合格。大分で司法修習を行う。弁護士登録後は、個人から企業まで幅広い顧客を有し、特に離婚事件を得意とする法律事務所に入所。離婚をはじめ、交通事故、債務整理、消費者問題、不動産問題、労働問題等様々な事件に取り組む。また、刑事事件にも力を入れ、複数の案件をこなす。

その後、司法修習の同期を通じて田村吉央弁護士と知り合う。ノーサイド法律事務所の理念に共感し、移籍を決意。移籍後は、企業法務にも力を入れ、規模業種を問わず様々な企業の案件に携わる。

2016年9より、福山オフィス開設に伴い活動拠点を福山に移し、業務範囲を拡大している。都内企業の社員としても活動中。

幼い頃からのカープファン。