上原 慧 Kei Uehara

千葉県市川市に生まれ、幼少期からサッカーを始める。中学高校とサッカーやハンドボールに励む。2006年早稲田大学法学部に進学。大学時代は地元の社会人サッカーチームに所属し、地区の代表として様々な大会に出場。

2010年4月、中央大学法科大学院未修者3年コースに入学し、同大学院サッカー部に所属しながら勉学に励む中、同大学院の実務家講師である山﨑健介弁護士と出会う。同大学院を卒業後、司法試験に合格。千葉での司法修習を終え、2016年1月、山﨑健介弁護士の設立したノーサイド法律事務所に加入。

2016年4月から都内の企業(東証一部上場)で週のうち数日間勤務し、企業内部での法律業務を積極的に行いつつ、離婚や相続、インターネット上での誹謗中傷事件、投資詐欺事件、労働問題等の幅広い分野の業務に携わっている。

現在も地元のサッカーチームに所属し、毎週末サッカーを楽しんでいる。 また、オーストラリアメルボルンへの留学や中国上海でのインターンシップを経験するなど国際派な一面も持ち合わせる。