弁護士
仁藤 仁士 Nitou Hitoshi
東京都世田谷区に生まれ、東京都内で育つ。東京都立小石川高等学校(現;東京都立小石川中等教育学校)を卒業後、中央大学法学部法律学科に入学。同大学を卒業後、2005年4月、首都大学東京(現;東京都立大学)大学院社会科学研究科法曹養成専攻(2年履修課程)に進学。

2007年9月、司法試験に合格。広島で司法修習を行う。このとき山﨑健介弁護士、田村吉央弁護士(いずれも当時は司法修習生)に出会う。

弁護士登録後は、多種多様な案件を取扱う法律事務所に入所(東京弁護士会)。2011年1月からは同事務所の支店に配属され、埼玉弁護士会への登録換えを経て、埼玉県さいたま市大宮区にて、離婚をはじめ、交通事故、相続、債務整理、労働問題を中心に、様々な事件に取り組む。

その後、2019年10月、山﨑健介弁護士が設立したノーサイド法律事務所の理念に共感し、移籍。移籍後は、企業法務にも力を入れ、規模業種を問わず様々な分野の案件に携わっている。

最近はなかなか時間が取れないが、趣味は好きなアニメ作品等の舞台地巡り。また、事務所屈指のスイーツ男子として名を馳せる。